みんなの老後資金はどれくらい?年齢別の貯蓄と負債

~資産形成のために「NISA」と「iDeCo」を始めてみよう~

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を防止するための自粛生活が続いています。緊急事態宣言が解除された地域もありますが、「3密」の心がけは必要となっています。

経済活動は制限され、各国の株式市場・為替市場・商品市場は乱高下を繰り返しています。在宅勤務を命じられ、ひとりで黙々と仕事をこなしつつ、将来に不安を持つ人もいるのではないでしょうか。

こんなときだからこそ、自分の資産を形成する方法を模索するのは良いことです。今、投資を始めるならば、税制面で優遇される「NISA」と「iDeCo」が明らかに有利です。そこで今回の記事では、「NISA」と「iDeCo」の選び方についてお伝えします。

続きを読む

60代の貯蓄ってどれくらい?

まず、年齢別の貯蓄と負債状況を確認しましょう。総務省統計局の「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2019年(令和元年)平均結果-(二人以上の世帯)」によると、平均の貯蓄現在高は1,755万円、負債現在高は570万円となっています。
年齢別では以下の通りです。

貯蓄現在高

40歳未満:691万円
40~49歳:1,076万円
50~59歳:1,704万円
60~69歳:2,330万円
70歳以上:2,253万円

負債現在高

40歳未満:1,341万円
40~49歳:1,124万円
50~59歳:652万円
60~69歳:250万円
70歳以上:70万円

となっています。定年間近の50代の純貯蓄額は1,052万円。2019年に話題となった金融庁の「老後2,000万円問題」で、年金とは別に老後資金として2,000万円必要といわれています。約1,000万円では足りないですが、60代では退職金などで2,000万円以上の貯蓄になっている人が多いようです。ただ、退職金が期待できない人や、平均値は貯蓄額が高い人に引っ張られてしまうので、老後資金を心配している人もいるかもしれません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。