子ども教育費、大学卒業までに1000万、みんな普通に払うの?

Ekaterina Brusnika/Shutterstock.com

子育て費用とはそもそもどのくらい必要となるのか、皆さん想像できますでしょうか。「子どもを一人育てるのに1000万円は必要」と言われることがよくあります。

しかし、実際は、すべて私立で進学した場合とすべて国公立で進学した場合ではもちろん違いは出てきます。そしてすべてを私立、すべてを国公立に進学するということはありません。

今回は公表されているデータをもとに、一般的に多くの方が進学するルートでいくらの教育費が必要なのか、は文部科学省「文部科学統計要覧(平成31年版)」、「平成30年度子供の学習費調査の結果について」及び「国公私立大学の授業料等の推移」のデータをもとに、計算していきたいと思います。

続きを読む

幼稚園から大学までの国公立と私立の進学先の割合

実際に国公立と私立に進学をしている比率はどうでしょうか。文部科学省「文部科学統計要覧(平成31年版)」を参考に見ていきましょう。

  • 幼稚園: 15.9%(国公立の比率)84.1%(私立の比率)
  • 小学校: 98.8%(国公立の比率)1.2%(私立の比率)
  • 中学校: 92.7%(国公立の比率)7.3%(私立の比率)
  • 高校 : 67.8%(国公立の比率)32.2%(私立の比率)
  • 大学 : 26.3%(国公立の比率)73.7%(私立の比率)

こちらの内容からもわかる様に、幼稚園は私立に入園する人が多く、小中学校は圧倒的に国公立となります。

また、高校になると私立の進学が増えてくる傾向にあるといえます。

そして、大学では私立に進学する人の方が多いのが実際です。

それでは、ここからは子ども、それぞれ国公立や私立に進学させたときにどの程度の費用がかかるのかを見ていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
渡辺まり子

ファイナンシャルアドバイザー/くらしと節約のコラムニスト

長年、全国の法人や個人向けに外資系保険会社商品の提案と販売を行う。2013年より一部上場IT企業の企画管理部にて経理業務や事業開発担当。その後、予実管理部へ異動し、月次・年次予算作成や実績管理に従事。現在は過去の経験を活かし、資産運用をはじめとするお金に関わるコンサル業に従事。プライベートでは親の介護と3人の子育てと奮闘中。