大学までの教育費1000万円は当り前!子育て費用を貯める3つのコツ

Studio Romantic/Shutterstock.com

子育て費用とはそもそもどのくらい必要となるのか、皆さん想像できますか。「子供一人育てるのに1000万円は必要」と言われることがあります。しかし、子供が産まれたからと言っていきなりかかる訳ではありません。それではどのタイミングでどのくらいかかるのでしょうか。また、いつまでに、どの様に貯金していけば効率的に貯められるのでしょうか。今回は実際に3人の子供を育てる筆者が実体験をもってお届けいたします。

子育て費用はいくらかかるのか

続きを読む

文部科学省「平成30年度子供の学習費調査の結果について」及び「国公私立大学の授業料等の推移」のデータをもとに、必要な子供にかかる費用の総額を算出しました。

すべて国公立で進学した場合のケース

  • 幼稚園(3年間):67万941円
  • 小学校(6年間):192万7686円
  • 中学校(3年間):146万5191円
  • 高校(3年間):137万2140円
  • 大学(国立大学):242万5200円
  • 大学(公立大学):254万7327円
  • 総額(進学先の大学が国立大学の場合):786万1158
  • 総額(進学先の大学が公立大学の場合):798万3285円

すべて私立で進学した場合

  • 幼稚園(3年間):158万3748円
  • 小学校(6年間):959万2146円
  • 中学校(3年間):421万9299円
  • 高校(3年間):290万9733円
  • 大学(4年間):386万6569円
  • 総額:2217万1495円

※幼稚園から高等学校までの費用内訳は学費・給食費・郊外活動費(習い事、学習塾など)含む
※大学については4年間の授業料と入学費用のみ
※公立大学・私立大学の額は平均であり、公立大学入学料は地域外からの入学者の平均である。

幼稚園から大学までのすべてを私立で進学した場合とすべて国公立で進学した場合を比較すると、かなりの費用差が出てしまう事はお分かりいただけたと思います。

意外にみんな私立なんかには進学していない?!

では、実際に国公立と私立に進学をしている比率で見た場合はどうでしょうか。「文部科学統計要覧(平成31年版)」を参考に見ていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
渡辺まり子

ファイナンシャルアドバイザー/くらしと節約のコラムニスト

長年、全国の法人や個人向けに外資系保険会社商品の提案と販売を行う。2013年より一部上場IT企業の企画管理部にて経理業務や事業開発担当。その後、予実管理部へ異動し、月次・年次予算作成や実績管理に従事。現在は過去の経験を活かし、資産運用をはじめとするお金に関わるコンサル業に従事。プライベートでは親の介護と3人の子育てと奮闘中。