部下の逆パワハラに悩む管理職。社畜マインドの負の連鎖から抜け出すには?

こんな状況を我慢していると「社畜」と呼ばれる?

会社のために自分の生活を犠牲にして働く会社員を揶揄して「社畜」と言いますが、管理職として成果を上げなければならない立場になると、逆パワハラを受けるなどの理不尽な状況でも無理をして、負の連鎖に陥る可能性が高くなります。

まず気をつけなければいけないのは「過労や心労による病気」。日常的に逆パワハラにさらされることにより、うつ病などの心の病気になってしまったり、胃潰瘍などの発症につながることも。

こうした病気で長期療養のために休職を余儀なくされると、社会復帰ができなくなったり、追い詰められて自ら命を絶つという最悪のケースに至るかもしれません。

逆パワハラから脱却するためには?

上司によるパワハラは絶対にあってはいけないことですが、「指導」と「パワハラ」の違いをしっかり理解しておけば必要以上に怯える必要はありません。では、部下によるパワハラを断ち切るためにはどんなアプローチがあるのでしょうか?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。