部下の逆パワハラに悩む管理職。社畜マインドの負の連鎖から抜け出すには?

組織的なフォロー

会社という組織に属する以上、個人でできることには限界があります。そのため、会社のハラスメントに対する姿勢やルールを常日頃から明確に伝えていくことも大切です。

たとえば、自分が度を超えた注意をしたわけではないのに部下がパワハラだと脅してくるような時は、ルールに則って毅然と対処し、その上で人事部や自分の上長に相談するといいでしょう。

また、部下との話し合いだけでは解決しないことがあった場合には、仕事で関係のある他部署の人に仲裁してもらうなど組織的なフォローで関係改善につなげていくことも必要です。

おわりに

部下による逆パワハラに悩んでいる管理職がいても、立場的な問題もあり実態が表面化しないこともあるでしょう。逆パワハラを受けないためには、部下を理解しようとする姿勢と、コミュニケーションがしっかりとれる関係を作るためのアクションが大切です。

もし部下との関係に行き詰まってどうしても上手くいかない場合は、人事部を始めとした組織としての対応が必要となります。決して自分一人で悩み続けることのないようにしてくださいね。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。