お金が貯まらない人が、少しだけ意識を変えて貯金体質になる方法

「そんなに無駄遣いしているつもりはないのにお金が貯まらない」と悩んでいる人は、意外と多いのではないでしょうか。お金が貯まらないのには原因があるので、まず原因を突き止め、お金が貯まりやすい習慣に変えていかなければいけません。今回は誰にでも始められる方法を紹介しますので、参考にしてみてください。

レシートを保管し家計簿をつける

お金が貯まらない人に多いのは、自分が何にお金を使っているのかをちゃんと把握していないケース。そのため、本気でお金を貯めようと思うのであれば、家計簿をつけることをおすすめします。

続きを読む

家計簿をつけることで、どの項目にいくら使っているのかが見える化できます。そして、たとえば毎月の食費が思っていた以上の出費だと分かれば、食費を月にいくらまでと決めて管理することで出費を抑えられるようになります。このように、どこからいくら削れば貯金する額を増やせるかという分析ができるのも家計簿をつけるメリットです。

記録をつけるのは面倒に思うかもしれませんが、スマホのアプリでいつでも入力できて簡単に管理できるものもあります。レシートをもらってすぐに入力する習慣がつけばそれほど煩わしいものではありません。現状、家計簿をつけていない方は、ぜひ手軽に使えるスマホの家計簿アプリで始めてみてください。

クレジットカードの利用をいったんやめる

クレジットカードは非常に便利で、上手く使えばポイントも貯まるのですが、ついつい使いすぎてしまう傾向にある人もいますよね。キャッシュレスの時代には逆行するようですが、お金を使いすぎてしまうと悩んでいる人は一度思い切ってクレジットカードの利用をやめて現金主義にしてみてください。

現金の場合、たとえばお財布から1万円が出て行くのにはクレジットカードで同じ額を払うより抵抗があるのではないでしょうか。そのため、会計の都度本当に必要な出費か考えるようになりますし、手元に残る現金の管理がしやすくなります。

クレジットカード払いにしている携帯料金や保険などの引き落としがあり、完全に利用をやめるのは難しいという人は、それ以外の買い物は現金にして、クレジットカードの引き落とし額を減らしていきましょう。

現金は項目ごとに封筒に小分けして使う

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。