60代の貯蓄額の平均はどのくらいか

今からでも間に合う老後資金の貯め方

Monkey Business Images/Shutterstock.com

ちなみに、金融資産保有世帯の40代世帯の金融資産の平均値が1238万円、中央値が800万円となっています。こうしてみると、40代以降に皆さん、老後のためにコツコツを貯金に励んでいるといえます。

  • 投資家デビューしたあなたへ! 脱・投資初心者のための資産形成講座 [PR]

老後に向けて貯蓄額を増やすには

一方で、余裕のある老後生活には「1世帯あたり数千万が必要」といわれています。この「数千前円」も生活水準にもよるでしょうし、家に関しても持家かそうでないかといった要素も関係してくるでしょう。

公的年金の受給開始年齢は原則65歳からとなっています。

今後、多くの会社などで定年退職の年齢がどう変化していくかも見守らなければなりませんが、多くの方が懸念するように、定年退職時と公的年金支給タイミングにギャップがあることがあります。

60代で老後資金を貯めるコツには次のようなポイントがあるのではないでしょうか。

定年退職後も働く-現役世代の副業もカギ

定年退職後も働くことは、老後資金が減少するスピードを減らすことにつながります。ひと昔前までは、60歳の定年退職とするのが一般的でしたが、最近では定年退職の年齢を65歳にしている企業も増えてきました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。