60代の貯蓄額の平均はどのくらいか

今からでも間に合う老後資金の貯め方

Monkey Business Images/Shutterstock.com

60代の人の中にはどの程度の貯蓄額があれば老後を過ごせるのか気になっている人もいるのではないでしょうか。老後資金の目安を知るうえで、重要になると思われるのが60代の金融資産額のデータです。ここでは60代の平均的な貯蓄額や老後資金を貯める方法について見ていきたいと思います。

60代の貯蓄額の平均とは

2018年に行われた「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯対象)」(知るぽると、金融広報中央委員会 事務局 日本銀行情報サービス局内)のデータを見てみましょう。

続きを読む

金融資産保有世帯の60代が保有する金額は以下の通りです。

  • 平均額は2415万円
  • 中央値は1500万円

となっています。

では、金融資産を保有しない世帯を含む60代の金融資産額はどうでしょうか。

  • 平均値は1849万円
  • 中央値は1000万円

となっています。

富裕層の数値で平均値が引きずられることもあり、一般の人が比較するには中央値が参考になります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。