年金だけで不安な方は早めの対策を

会社員が受け取る、厚生年金の平均受給額と分布を見てきました。国民年金だけを受け取る場合よりは手厚い傾向があるものの、やはり公的年金だけでは物足りなさを感じる方が多数派でしょう。

セカンドライフの入り口までに、万全の準備をしておきたいですね。では、足らない資金はどう作っていけばよいのか。筆者からそのポイントを3つに絞ってお伝えします。

ポイント①「成長資産」に、長期的な視点を向ける

資産を大きく育てる際には、経済成長が見込める先に投資している金融商品(=成長資産)をチョイスしていくことが大切です。

世界株式などの「伸びしろがある」資産で、仮に年率6%で運用ができた場合、12年間で資産は倍に増えます。今後も成長することが見込める世界経済に、長期的な視点を目を向けていかれるとよいでしょう。

ポイント②「長期積立」でコツコツ運用を

次に大切にしたい点が、長期で積立投資を続け、コツコツ運用していくというスタイル。

金融商品は値動きがあります。大きな金額分を一度に投資した場合、値下がりしたときに大きく損が出る可能性がありますね。

一方、積立投資の場合は「定期的に・同じ金額分」を買い付けます。「価格が高いときには少なく、価格が低いときには多く」購入するわけです。よって、値動きの影響を受けにくくなり運用益の安定に繋がります。

ポイント③「投資と保障のバランス」を意識する

長期で積立投資を続けるには、まず「収入がある」ことが前提となるでしょう。

長い人生、失業や病気・ケガなどで仕事ができなくなったり、収入が大幅に減る可能性は誰にでもあります。こうしたリスクも想定しつつ、保障でカバーしておく視点も持っておきたいものですね。

彩りある、ゆたかな年金生活のために

楽しく幸せな老後生活を夫婦で過ごすためにも、お金の心配は早めに解消しておきたいものですね。

より豊かな年金生活のために、資産運用で「お金に働いてもらう」視点を持っていかれるとよいかもしれません。つみたてNISAやiDeCo(イデコ:確定拠出年金)などの税制優遇制度の活用も検討してみましょう。

資産運用初心者の方であれば、まずは情報収集から!マネーセミナーや無料相談などを活用し、「老後のお金」の準備をスタートしてみませんか?

関連記事

参考資料