将来、いくらぐらい年金がもらえるのでしょうか?

このように、受け取れる年金額について不安を抱えている方は、かなり多いと思います。

ゆとりある老後生活を過ごすためには、年金は沢山もらえる方がよいでしょう。

しかし、年金が比較的多くもらえる会社員であれば、老後は安心なのでしょうか?

本日は、10年以上大手金融機関で勤務した経験がある私から、厚生年金「ひと月25万円以上」受給する人の割合についてお話させていただきます。

続きを読む

厚生年金「ひと月25万円以上」もらえる人は?

さっそく、厚生労働年金局「令和元年度厚生年金国民年金事業の概況」をもとに男女別に厚生年金の受給額を見ていきます。

男子

  • ~5万円未満:15万977人
  • 5~10万円未満:97万6724人
  • 10~15万円未満:261万3866人
  • 15~20万円未満:436万9884人
  • 20~25万円未満:224万9128人
  • 25~30万円未満:28万8776人
  • 30万円~:1万7626人

女子

  • ~5万円未満:31万5100人
  • 5~10万円未満:234万1321人
  • 10~15万円未満:218万2510人
  • 15~20万円未満:41万2963人
  • 20~25万円未満:6万3539人
  • 25~30万円未満:4166人
  • 30万円~:379人

平均年金月額

  • 男子16万4770円
  • 女子10万3159円

男女平均額:14万4268円

厚生年金を25万円以上受給している割合を、こちらのデータから算出すると、男子が約2.87%で女子が約0.09%でした。

25万円以上を受け取れるのは、ほんの一握りの人たちといえます。

では、老後は月々いくらぐらい生活費が掛かり、またどれぐらいの金額が実際に不足するのでしょうか?一つの例を見ていきましょう。