「老後の生活の柱」といえば、年金をイメージされる方も多いと思います。

しかし、「年金をいくらくらい受け取れるか?」というと、よく分からないという方がほとんどでしょう。生活の柱となる年金だからこそ、早めにおおよその受給額を知っておきたいですね。

そこで今回は、夫婦世帯とシングル世帯に分けて厚生年金の平均月額を見ていきながら、老後資金の準備について考えていきたいと思います。

【関連記事】共働きでも「なかなか貯まらない」家庭が長期休暇に見直したい習慣3つ

続きを読む

男女別!厚生年金の受給額はいくら?

では、最初に厚生年金の受給額について見ていきたいと思います。

厚生労働省年金局の「厚生年金保険・国民年金事業年報 令和元年度」による、男女別の厚生年金の受給額は下記のとおりです。

厚生年金保険(第1号)男女別年金月額階級別老齢年金受給権者数

男子:平均年金月額16万4770円

  • ~5万円未満:15万977人
  • 5万円~10万円未満:97万6724人
  • 10万円~15万円未満:261万3866人
  • 15万円~20万円未満:436万9884人
  • 20万円~25万円未満:224万9128人
  • 25万円~30万円未満:28万8776人
  • 30万円以上:1万7626人

女子:平均年金月額:10万3159円

  • ~5万円未満:31万5100人
  • 5万円以上~10万円未満:234万1321人
  • 10万円~15万円未満:218万2510人
  • 15万円~20万円未満:41万2963人
  • 20万円~25万円未満:6万3539人
  • 25万円~30万円未満:4166人
  • 30万円以上:379人

厚生年金の受給額は、現役時代の収入によって納める年金保険料が異なります。そのため、将来受け取る年金額にも個人差があります。

結婚・育児・介護などで働き方が変わり、収入が大きく減ることもある女性の場合、男性との平均受給額が6万円ほど低くなります。

家庭の事情により定年までフルタイムで勤務することが難しい女性にとっては、少々厳しい状態と言えるでしょう。