国民年金と厚生年金、夫婦のパターン別の受給額は?

copy URL

男女別!ひと月の厚生年金受給額はいくら?

2階部分の厚生年金は、年収や加入期間に応じて受給額に男女差や個人差があります。

同資料から、厚生年金のひと月の受給額を確認していきましょう。

「厚生年金」月額別の受給者数

男子年金月額:総数

  • ~5万円未満:15万977人
  • 5~10万円未満:97万6724人
  • 10~15万円未満:261万3886人
  • 15~20万円未満:436万9884人
  • 20~25万円未満:224万9128人
  • 25~30万円未満:28万8776人
  • 30万円~:1万7626人

女子年金月額:総数

  • ~5万円未満:31万5100人
  • 5~10万円未満:234万1321人
  • 10~15万円未満:218万2510人
  • 15~20万円未満:41万2963人
  • 20~25万円未満:6万3539人
  • 25~30万円未満:4166人
  • 30万円~:379人

※含む基礎年金(国民年金)月額

全体平均月額:14万4268円
男子平均月額:16万4770円
女子平均月額:10万3159円

国民年金に比べると、厚生年金はその金額に大きく差が見られますね。男性の場合、平均は16万円台で、ボリュームゾーンも「15~20万円未満」です。

一方の女性は平均10万円台。男性に比べると、約6万円の差がありますね。ボリュームゾーンは「5~10万円未満」と心許ない数字になりました。これは女性の方が結婚や育児、介護などで離職される方が多い点が影響しているのでしょう。

ただ、近年では共働きの家庭がふえています。今後は男女差が小さくなるでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
高橋 明香

会計専門学校卒業後、和光証券株式会社(現みずほ証券株式会社)に入社。国内外株式、債券、投資信託、保険商品の販売を通じ、個人・法人顧客向けの資産運用コンサルティング業務に従事する。そのキャリアは20年に渡る。後進の育成にも注力し、教育・研修担当としても活躍。豊富な金融知識と親しみやすい性格で顧客からの信頼も厚い。現在は、個人向け資産運用のサポート業務を行う。CFP(Certified Financial Planner)、一種外務員資格(証券外務員一種)を保有。