国民年金と厚生年金、夫婦のパターン別の受給額は?

copy URL

「ゆとりある老後資金」のために必要な金額は?

これまで公的年金の受給額を確認してきましたが、同時に知っておきたいのが老後の暮らしに必要な金額です。

公益財団法人生命保険文化センターによると、旅行や趣味、生活費の充実の上乗せを加味した「ゆとりある老後生活費」は、平均36.1万円。先ほどの夫婦のパターン別を参考に、65~90歳までの必要金額を試算してみましょう。

老後資金【ゆとりある生活費:月36.1万円】の不足額

  • 自営業(夫)と専業主婦(妻):(11万2565円-36万1000円)×12ヶ月×25年=▲7450万円
  • 会社員(夫)と会社員(妻):(26万7929円-36万1000円)×12ヶ月×25年=▲2800万円
  • 会社員(夫)と専業主婦(妻):(21万8469円-36万1000円)×12ヶ月×25年=▲4280万円
  • 専業主夫(夫)と会社員(妻):(16万2025円-36万1000円)×12ヶ月×25年=▲5970万円

それぞれ、約3000~7000万円台と高額が必要になるのが分かります。この金額に驚かれた方もいるでしょう。

65歳から90歳と考えると、25年間。25年間毎月の赤字部分を貯蓄から出していくとなると、これほどの金額になるのですね。ゆとりの度合いや生活水準は夫婦によって異なりますが、まとまった貯蓄を準備しておきたいものです。

老後資金、どう作る?

老後資金だけで約3000~7000万円台といった金額は、大金過ぎて預金のみではとても間に合わないという方は多いでしょう。現役時代は、特にお子様がいらっしゃる家庭であれば教育費や住宅ローンに目が行ってしまうもの。しかし、子育て住宅ローンがひと段落ついたときには老後間近というライフステージに入ってしまいます。

老後まで20~30年とある現役時代は、預金に合わせて、時間を味方につけてお金に働いてもらう「資産運用」で準備を検討されてはいかがでしょうか。

リスクばかりに目が行きがちな資産運用ですが、投資信託などで「毎月3万円・利回り3%・30年間」で運用すれば、1748万2107円になります。元本は1080万円なので、約1.6倍に増えますね。

貯蓄の一部をこのように運用していくと、老後資金も現実的になるでしょう。同時に、毎月のお給料から「この分は老後資金用の預金」というように、強制的に積み立てをする仕組みを作るのもいいですね。

長期間に渡る老後資金だからこそ、ご自身に合った方法で増やしていくことを検討してみてください。

つみたてNISA100%活用術 無料オンラインセミナー

関連記事

参考資料

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
高橋 明香

会計専門学校卒業後、和光証券株式会社(現みずほ証券株式会社)に入社。国内外株式、債券、投資信託、保険商品の販売を通じ、個人・法人顧客向けの資産運用コンサルティング業務に従事する。そのキャリアは20年に渡る。後進の育成にも注力し、教育・研修担当としても活躍。豊富な金融知識と親しみやすい性格で顧客からの信頼も厚い。現在は、個人向け資産運用のサポート業務を行う。CFP(Certified Financial Planner)、一種外務員資格(証券外務員一種)を保有。