国家公務員「退職金2000万円超の人」はどれ程いるの?

copy URL

退職金「2000万円超」はどれくらい

次に、どれくらいの人が退職金2000万円以上を受け取っているのかみていきましょう、内閣官房内閣人事局「退職手当の支給状況(令和元年度)」(表4)によると下記の通りです。

常勤職員:3万2575人

1000万円未満:1万7081人
1000~1500万円未満:1045人
1500~2000万円未満:4744人
2000~2500万円未満:7667人
2500~3000万円未満:1490人
3000~4000万円未満:157人
4000~5000万円未満:267人
5000万円~:124人

うち行政職俸給表(一):7113人

1000万円未満:2100人
1000~1500万円未満:151人
1500~2000万円未満:771人
2000~2500万円未満:3634人
2500~3000万円未満:436人
3000~4000万円未満:20人
4000~5000万円未満:1人

ボリュームゾーンは退職金「2000~2500万円未満」となっています。定年や応募認定の退職であれば2000万円の大台に乗れることが先程わかりましたので、安定しているというイメージ通り、しっかり勤め上げた方が多いことが想像できますね。

退職金2000万超えは常勤職員では9705人(29.8%)、そのうち行政職俸給表(一)では4091人(57.5%)ということがわかりました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
グイン 安季子

ファイナンシャルアドバイザー
山口大学経済学部卒業後、老舗部品メーカーに入社。約2年の法人営業ののち、住友生命保険相互会社に転職。個人、法人顧客向けに生命保険の販売に約8年間従事。その間、抜群の行動力で優秀な成績を収め、2017年には所長職に任命。チーム運営や人材育成にも携わる。現在はIT金融ベンチャーで個人向け資産運用のサポート業務を行っている。FP2級、一種外務員資格(証券外務員一種)を保有。