国家公務員「退職金2000万円超の人」はどれ程いるの?

copy URL

老後は「2000万円」あれば安心できる?

約1万名の国家公務員が2000万円以上の退職金を受け取っている状況を眺めてきました。この退職金があれば老後は安心なのでしょうか。2019年6月、金融庁のレポートを発端に広まった「老後2000万円問題」を振り返ってみましょう。

「夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯」では、65歳から95歳までの30年間に生活費が2000万円不足する、という試算が出されました。

上記モデル夫婦の年金収入は20万9198円、支出が26万3718円とされ、老後を30年と仮定した場合、約2000万円の不足がでるという計算です。

あくまでもモデルケースに基づく試算であるため、持ち家であることが想定されていたり、介護費用が含まれていなかったり……といった盲点もいくつかあります。ライフスタイルや健康状態によっては2000万円以上かかるという方もいるでしょう。

また、国家公務員の退職金は民間と大きくかけ離れることがないように調整が入ります。今後も同水準で受け取れるとは限りませんので、国家公務員の方でも退職金だけで安心とは言い切れなさそうです。

安心した老後を送るためには、ご自身の年金額や生活費の目安を確認し、退職金以外にどれくらい必要か計算しておくと良さそうですね。

つみたてNISA100%活用術 無料オンラインセミナー

参考資料

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
グイン 安季子

ファイナンシャルアドバイザー
山口大学経済学部卒業後、老舗部品メーカーに入社。約2年の法人営業ののち、住友生命保険相互会社に転職。個人、法人顧客向けに生命保険の販売に約8年間従事。その間、抜群の行動力で優秀な成績を収め、2017年には所長職に任命。チーム運営や人材育成にも携わる。現在はIT金融ベンチャーで個人向け資産運用のサポート業務を行っている。FP2級、一種外務員資格(証券外務員一種)を保有。