厚生年金の平均月額は約14万円。老後は働きながら年金を受給できる?

Rita_Kochmarjova/Shutterstock.com

copy URL

「人生100年時代」といわれる現代では、老後も働き続けようと考える方も多いですよね。

国民年金とは違い、加入月数や収入額に応じて受給額に差が出やすい「厚生年金」。今のシニア世代の厚生年金の平均月額は14万4268円ですが、受給額は1万円未満~30万円以上までさまざまです。

定年後も働き続ける際に気になるのが、働きながら年金をもらえるか、ではないでしょうか。今回は今のシニア世代の「ひと月の厚生年金額」の分布図を確認しながら、働きながら年金をもらう際に知っておくべき「在職老齢年金」について見ていきます。

続きを読む

厚生年金、みんなの平均月額はいくら?

厚生年金の受給額について、厚生労働省年金局の「厚生年金保険・国民年金事業年報 令和元年度」をもとに、その分布図をみていきましょう。

厚生年金保険(第1号)【男性】年金月額階級別老齢年金受給権者数
~5万円未満:15万977人・5万円~10万円未満:97万6724人
10万円~15万円未満:261万3866人・15万円~20万円未満:436万9884人
20万円~25万円未満:224万9128人・25万円~30万円未満:28万8776人
30万円以上:1万7626人
厚生年金保険(第1号)【女性】年金月額階級別老齢年金受給権者数
~5万円未満:31万5100人・5万円~10万円未満:234万1321人
10万円~15万円未満:218万2510人・15万円~20万円未満:41万2963人
20万円~25万円未満:6万3539人・25万円~30万円未満:4166人
30万円以上:379人

※厚生年金には、国民年金部分を含めます。

平均額を見てみましょう。

平均年金月額

  • 男子16万4770円
  • 女子10万3159円

平均額:14万4268円

分布図を見てみると、男性のボリュームゾーンは17万円台、女性は9万円台です。20歳以上の方が原則全員加入する国民年金とは異なり、厚生年金の受給額は差がありますね。

男女合わせた平均額は約14万円。これは今のシニア世代の受給額ですから、現役世代になれば年金額はさらに減る可能性があります。年金では生活できない可能性が高いため、老後に向けてまとまった金額を貯蓄をしたり、老後も働いて収入を得たりする必要があるでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
宮野 茉莉子

東京女子大学哲学科卒。大学卒業後、野村證券に入社。支店にてファイナンシャル・コンサルティング課に配属され、個人顧客向けに資産運用のアドバイスや金融商品の提案を行う。2011年に独立し、ライターおよびコラムニストとして活動。主な執筆分野は育児、教育、暮らしのお金、ライフハック、女性の社会問題、哲学など。現在はLIMO編集部にて、金融、経済、産業をテーマに執筆中。子どもから大人まで「自分の頭で考える」哲学の面白みも伝えるべく活動中。禅好きの3児の母。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。証券外務員一種保有。