【基礎年金】月4万円未満が約1割。低年金・無年金をどう避ける

Bozena Fulawka/shutterstock.com

copy URL

田村憲久厚生労働大臣が先日の会見で、年金改革に言及しました。この報道に触れて「自分の老後の年金はどうなるのか?」と関心を持たれた方もいらっしゃるでしょう。

年金のしくみはちょっと複雑です。私たちの暮らしを支える大切なセーフティーネットの一つでもありますが、若いみなさんであれば「老後、年金って本当にもらえるの?」という漠然とした不安を覚える方も多いはず。

現役時代の年金加入状況により、老後に受け取る年金には個人差が生じます。なかには「年金が受給できない・かろうじて受給はできるが金額が極端に少ない」というケースも。そこで今回は、「無年金・低年金」にフォーカスしていきます。

続きを読む

基礎年金「みんな、どのくらい受給できているか」

まず、今のシニア世代は、公的年金をどのくらい受給しているのでしょうか。厚生労働省年金局の「令和元年度厚生年金保険・国民年金事業年報」から、平均額と受給額分布を見ていきます。

まず、厚生年金の平均年金月額は、全体で14万4268円(うち男性が16万4770円、女性が10万3159円)。また、国民年金の平均年金月額は全体で5万5946円(うち男性が5万8666円、女性が5万3699円)でした。

グラフで受給額分布のイメージをつかんでいきましょう。

拡大する

厚生年金の受給額は「1万円未満~30万円超」まで幅広い!

次は基礎年金(国民年金)の受給額を見ていきます。

拡大する

基礎年金(国民年金)の受給額、月額4万円以下が13%。

厚生年金・国民年金どちらをみても、平均年金月額を大きく下回る人が存在します。厚生年金の受給額は現役時代の収入に左右され、幅広い分布となっています。

一方、基礎年金(国民年金)のグラフを見ると、月額4万円未満の人が約13%、さらに3万円未満に絞っても4%を占めます。ちなみに、2021年度の基礎年金(国民年金)の満額(※)は月額6万5075円です。

※「基礎年金(国民年金)の満額」:40年間(480カ月)の全期間、年金保険料を納めた場合に受け取れる年金額のこと。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。