非正規も正規もみんな貧乏!?「正社員なら安泰」は夢のまた夢

Creativa Images/Shutterstock.com

copy URL

早いもので、今年ももう9月です。会社員の方なら、上期末に向かってピッチを上げまくってる方もいるかもしれませんね。そして今秋は総選挙があります。感染拡大のコロナ禍をはじめとして争点が、もう、なんだかよく分からないほどテンコ盛りの状態と言えるかもしれません。

今回は、原点回帰で私たちが最も関心のあることを取り上げます。それは所得の問題です。

正規と非正規の大きな格差

厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」からデータを見ていきましょう。

続きを読む

まず、全年齢平均月収は30万7700円(年齢43.2歳、勤続年数11.9年)。これを正規社員と非正規社員に分けると、正社員の平均月収は32万4200円(年齢42.2歳、勤続年数12.5年)。非正規社員の平均月収は21万4800円(年齢48.8歳、勤続年数8.7年)と、その差は実に10万円以上あります。

この差が諸外国と比較して、あまりに大きいことが日本版・同一労働同一賃金制度が始動することになった背景です。あえて“日本版"としたのは、諸外国と若干異なって、その主旨が同一企業内の正規・非正規間の格差解消にあるからです。

上記の数値に性別と年代を掛け合わせてみると、さらに恐ろしいことになります。正社員・男性の賃金の最も高いゾーンは55〜59歳で43万5300円。同じ年齢ゾーンの男性の非正規社員は25万2100円と、その差は18万3200円となります。

また、20~24歳の正社員(男女計)の賃金は21万5400円。これに対して非正規社員は18万3400円ですから、年齢とともに格差が広がっていくわけです。

ハダ感覚では理解しているものの、あらためて数字を見ると、やはり呆然となりますね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

東京都出身。元会社員。成蹊大学経済学部卒業後、バブル期に広告企画制作プロダクションのフロムガレージ(現DGグループの前身)に入社。その後、転職を繰り返しながら主にBtoB企業のプロモーション企画制作に従事。また編集プロダクションで書籍・ムックの編集・ライティングに携わる。近年では、LCA関連の環境ラベル「CFP(カーボーンフットプリント)」の制度試行事業(経産省)下での広報業務にも従事。最近は、フリーの編集者・ライターとして主にIT分野を中心に活動中。主な書籍関連実績:『高学歴貧困女子が読み解くピケティ』(責任編集/笠倉出版社)、『ロックの教科書』(共著/笠倉出版社)