副業時代到来で果たしてガッツリ稼げるのか? 普通のサラリーマンには”悲しい現実”も

umaruchan4678/Shutterstock.com

copy URL

最近、“副業解禁"というワードをよく聞きますよね。企業も副業禁止の職務規定を見直し始めているという噂もありますし。

要は「もう大幅な給料アップはムリだから、あとは自分でなんとかしろ、ってことだろ」というご意見も多いかとは思いますが、今回は副業に関する最新の調査結果を紹介しながら、副業について考えてみます。

「副業元年」は2018年

副業解禁・推進は日本政府の労働政策のなかで、働き方改革の一環として位置づけられています。

続きを読む

働き方改革は過重労働を抑制し、柔軟な働き方を実現し、生産性の向上に貢献することを目指しています。さらに俯瞰して言えば、働き方改革も成長戦略のなかの重要なひとつの戦略です。

政府では、2018年1月に「モデル就業規則」を改訂し、働き方改革の一環として「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」の規定を削除しました。

さらに、副業・兼業に関する規定を新設したことで、この2018年が「副業元年」と呼ばれるようになりました。しかし、政府が副業を積極的に推奨しているにもかかわらず、実際には多くの企業が認めていないという現状もあります。

その背景としては、かえって長時間労働を助長するのではないか、貴重な人材が流出してしまうのではないか、といった懸念があると言われています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

東京都出身。元会社員。成蹊大学経済学部卒業後、バブル期に広告企画制作プロダクションのフロムガレージ(現DGグループの前身)に入社。その後、転職を繰り返しながら主にBtoB企業のプロモーション企画制作に従事。また編集プロダクションで書籍・ムックの編集・ライティングに携わる。近年では、LCA関連の環境ラベル「CFP(カーボーンフットプリント)」の制度試行事業(経産省)下での広報業務にも従事。最近は、フリーの編集者・ライターとして主にIT分野を中心に活動中。主な書籍関連実績:『高学歴貧困女子が読み解くピケティ』(責任編集/笠倉出版社)、『ロックの教科書』(共著/笠倉出版社)