この発想はなかった…【アップル】“刻印サービス”のユニークな使い方がツイッターで大人気 あなたも利用してみる?

copy URL

デメリットは?

公式サイトによれば、

  • 交換の対象外となる(返品のみ可)
  • 出荷までの日数が通常よりもかかる

などのデメリットがあるそう。カスタマイズするわけですから当然といえば当然なのですが、注意が必要なポイントといえます。

まとめ

自分なりのカスタマイズや、ギフトで活躍しそうなアップルの「刻印サービス」。購入時の値段を刻んでしまうという発想、案外 “アリ”かもしれません。あなただったら何を刻印しますか?

つみたてNISA100%活用術 無料オンラインセミナー

参考資料

増田 雄三

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
増田 雄三

1980年生まれ、江戸川大学卒。モバイルコンテンツディレクターとして勤務した後、2008年に株式会社マイナビに入社。マイナビニュースにて記事広告の制作、広告営業、新規収益企画を経てライフスタイル情報を扱う編集者として従事。ツイッターやインスタグラムなどのSNSからネタを拾って記事を作ることが得意。現在はLIMO編集部で記事の企画・執筆などを行う。新しいことに手を出したがる気質で、TikTokのフォロワーが2800人を超えた。