この発想はなかった…【アップル】“刻印サービス”のユニークな使い方がツイッターで大人気 あなたも利用してみる?

Bloomicon / shutterstock

copy URL

意外と知られていないアップル製品の「刻印サービス」、ご存知ですか?iPadやApple Pencilなどの一部の商品に、自分が好きなメッセージを入れることができるんです。大切な人へのギフトに使う、自分のイニシャルを入れる、などの一般的な用途以外にもいろいろな活用方法があるようで…。

斜め上の発想でユニークな刻印をした人がツイッターに現れ、話題になっています。今回、ツイ主の達波鷹仁さん(@tatunami)に投稿の経緯などを聞いてみました。

記事の後半では、達波さんのツイートを見て「自分もやってみたい!」と思った読者の皆さんのために刻印サービスの注意点などをまとめていきます。

刻印された「絶対に忘れてはいけないこと」?

達波さんが新しく買ったiPad ProとApple Pencilに刻んだのは、「絶対に忘れてはいけないこと」だそう。どんな内容なんでしょうか。刻印は一度刻んでしまうと消すことができませんからね。やっぱりちょっとかっこいい英文とか、座右の銘なんかを入れたくなりますが…。

拡大する

画像出典:達波鷹仁さん(@tatunami)

念願のiPad ProとApple Pencil
刻印サービスで絶対に忘れてはいけない事を刻み込みました。(@tatunamiより引用)


刻まれたのは、なんと製品の“値段”!iPad Proには「141,800円(税込)」、Apple Pencilには「15,950円(税込)」と、購入時の価格がしっかりと刻印されています。一見突拍子もない行為に見えますが、「高いものを買ったんだからしっかり活用するぞ」「ぞんざいに扱わないぞ」と使うたびに初心にかえることができますし、「そういえばあの製品、いくらで買ったんだっけ」と振り返るのも簡単です。そう考えると、意外ながらもなかなか役に立つ刻印…なのかもしれません。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
増田 雄三

1980年生まれ、江戸川大学卒。モバイルコンテンツディレクターとして勤務した後、2008年に株式会社マイナビに入社。マイナビニュースにて記事広告の制作、広告営業、新規収益企画を経てライフスタイル情報を扱う編集者として従事。ツイッターやインスタグラムなどのSNSからネタを拾って記事を作ることが得意。現在はLIMO編集部で記事の企画・執筆などを行う。新しいことに手を出したがる気質で、TikTokのフォロワーが2800人を超えた。