国家公務員の退職金「2000万円超」は何割か

Ned Snowman/shutterstock.com

copy URL

「国家公務員」と聞くと皆さんはどのようなイメージを持たれるでしょうか。

「社会的信用度が高い」や「収入が安定している」など良いイメージを持たれている人が多いかもしれません。

その反面、長期化するコロナ禍の中で、ワクチン大規模接種センターの設置・運営を担当する自衛隊のように、有事の際には第一線に立って業務に取り組みハードなイメージもある国家公務員。

収入について、ちゃんと見合った待遇はあるのか、気になってしまうという人もいるかもしれませんね。

続きを読む

私は以前、生命保険会社に勤務し、多くのみなさんのお金にまつわる相談を受けてきました。その経験もふまえ、今回は国家公務員の待遇の中でも大きな金額となる退職金についてみていきたいと思います。

国家公務員の退職金はいくらぐらいか

さっそく、国家公務員の場合、いくらの退職金が受け取れるのかみていきましょう。

内閣官房公表の「退職手当の支給状況(令和元年度退職者)」によると、退職理由別退職手当受給者数及び退職手当平均支給額は以下の通りです。

常勤職員(カッコ内は受給者数)

  • 定年:2090万6000円(1万2714人)
  • 応募認定:2588万1000円(1597人)
  • 自己都合:316万1000円(7501人)
  • その他:201万6000円(1万763人)

計:1082万2000円(3万2575人)

うち行政職俸給表(一)適用者

  • 定年:2140万8000円(3825人)
  • 応募認定:2278万円(902人)※1
  • 自己都合:362万7000円(1377人)
  • その他:265万8000円(1009人)※2

計:1548万円(7113人)

定年と応募認定のケースに絞ってみると、2000万円以上は受け取ることができているようですね。

※1 応募認定とは45歳以上(定年60歳の場合)の職員を対象にした早期退職募集制度を利用した際の退職金となります。

※2「その他」には、任期制自衛官等の任期終了(常勤職員)や死亡等による退職が含まれています。

 

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

大阪体育大学卒。中学~大学とサッカー部に所属。社会人女子ラグビー経験もあり、日本代表候補選出歴のあるスポーツウーマン。引退後は日本生命保険相互会社にて、保険商品の提案業務など金融営業経験を積み、採用・育成担当としても一度に約100名の指導経験をもつ。前職のゴンチャジャパンでは新規店舗の立ち上げに携わるなど、フットワークの軽さが持ち味。現在は個人向け資産運用会社にて、マネーに関するコンサルティング業務を行っている。AFP(Affiliated Financial Planner)