【20代~70代】働く世帯の「貯蓄と負債」平均いくらか

copy URL

【20代~70代】働く世帯の「貯蓄と負債」はどのくらい?

それでは、勤労者世帯の年齢別の貯蓄と負債についてみてみましょう。

勤労者世帯の「年齢別貯蓄現在高」

  • ~29歳:377万円
  • 30~39歳:750万円
  • 40~49歳:1071万円
  • 50~59歳:1681万円
  • 60~69歳:2094万円
  • 70歳~:1962万円

40代から1000万円を超え始めています。60代がもっとも多く2000万円を超えていますね。次いで負債をみてみましょう。

勤労者世帯の「年齢別負債現在高」

  • ~29歳:693万円
  • 30~39歳:1337万円
  • 40~49歳:1200万円
  • 50~59歳:692万円
  • 60~69歳:214万円
  • 70歳~:138万円

負債額については、年齢が上がるとともに減る傾向にはあるものの、30代・40代では1000万円を超えていますね。次では、貯蓄から負債を差し引いた純貯蓄額を見ていきます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。