子どもの読解力低下「情報の評価や伝えること」が苦手。改善できる?

copy URL

大規模な国際的学力調査である「PISA」。3年ごとにOECD(経済協力開発機構)加盟国を中心に、15歳(義務教育修了段階)を対象に行われています。

学習到達度を調べるPISAの名が広く知られるようになったのは2003年、2006年の結果で日本の順位が大きく落ち、メディアで大々的に取り上げられてからです。このことが「ゆとり教育」からの方向転換のきっかけになったとも言われています。

このように何かと注目されるPISAですが、2018年の結果では日本の子どもの読解力低下が顕著となりました※。

続きを読む

※本来2021年に行われる予定のPISA2021は、新型コロナウイルスの影響で1年延期が決まっている。

日本の子どもたちはどこが弱いのか

PISAでは学力の3分野「読解力「数学的リテラシー」「科学的リテラシー」が測られます。また、毎回詳しく調査する中心分野が設けられており、2018年の中心分野は読解力でした。

日本のこれまでの結果はというと、数学的リテラシーと科学的リテラシーは2006年の調査を底に上昇。その後の調査でもトップレベルを安定して維持しています。

一方の読解力は2003年と2006年でともに30カ国中12位と振るいませんでしたが、2009年には34カ国中5位と改善し、2012年は1位になりました。

しかし、理系分野のようにトップレベルを維持することは叶わず、2015年に35カ国中6位と順位を落とし、2018年は37カ国中11位という結果になっています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

公立大学を卒業後、大手学習塾で講師を6年間務める。塾講師と自らの子育ての経験を元に教育関連の記事を執筆するほか、個人ブログ「透明教育ママ見参!!」やYouTubeチャンネル「透明教育ママ 中山まち子」で情報発信をしている。「くらしとお金の経済メディアLIMO」のほか、「アーバン ライフ メトロ」「アクセス進学」に連載中。