夫に先立たれた妻の年金、どのぐらい減る?「遺族年金」の仕組み

copy URL

夫に先立たれると、それまで夫婦でもらっていた年金がかなり減ることになります。特に、自分の厚生年金がない専業主婦の場合、年金だけで生活を賄うのは厳しいはずです。

まずは夫の年金がどうなるのか「遺族年金」の仕組みをざっくり知ることから始め、実際にどの程度減るのかを試算してみましょう。

公的年金制度で支給される「遺族年金」の仕組みとは?

厚生労働省が2020年8月に発表した「平成30年簡易生命表」によれば、男性の平均寿命は81.41年、女性の平均寿命は87.45年といずれも過去最高を更新。女性は男性よりも約6年平均寿命が長いため、夫に先立たれる可能性は高いといえそうです。

続きを読む

夫に先立たれた妻がもらえる遺族年金とは、国民年金や厚生年金などの被保険者だった夫が死亡すると遺族に支給される年金のことです。遺族に当たる妻は、原則的に遺族年金を受け取ることが可能です。

ただ、夫が加入していた年金制度や家族状況によって支給要件は変わってきます。妻でも対象とならない場合や、金額が違ってくる場合もあるので、自分はどこに当てはまるのかを事前に把握しておきましょう。

「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」の違い

公的年金から支給される遺族年金には、「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」の2種類があります。「遺族基礎年金」は自営業などの第1号被保険者と、会社員や公務員などの第2号被保険者のいずれもが加入する「国民年金」から支給されます。

妻が支給対象となるには、「亡くなった人により生計を維持されていて、子どもがいる」ことが条件です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
渡辺 友絵

長年にわたり流通系専門紙編集部において取材や執筆、編集業務に従事し、通信販売・ネット通販専門紙の編集長を務める。官庁や各種業界団体、大手企業への取材を経験し、業界知識を生かしてビジネス系著書の発行、テレビ・ラジオ経済番組への出演、公演活動などを手がけた。その後、業界の人材育成を目指し、通信販売やネット通販にかかわる検定試験を行う一般社団法人を設立して代表理事に就任。テキストの執筆・編集、試験やセミナーの企画・運営などに従事した。現在はフリーのライター・編集者として、小売、EC、通販、金融、法律、教育、ジェンダーなどの記事をさまざまな紙媒体やWEB媒体に執筆している。現在、一般社団法人 ECネットワーク研究員、公益社団法人 日本印刷技術協会客員研究員、日本ダイレクトマーケティング学会 正会員・法務研究部会幹事。著書:『通販業界の動向とカラクリがよ~くわかる本』(秀和システム)ブログ:「通販研究所