「みんなの平均いくら?」年間収入と貯蓄額【世代別】

copy URL

純貯蓄額はいくら?

さいごに、貯蓄から負債額を差し引いた「純貯蓄額」を見ていきましょう。世代別の平均純貯蓄額は以下の通りです。

拡大する

(出典)「家計調査報告(貯蓄・負債編)2020年(令和2年)」をもとに編集部作成

平均:1791万円-572万円=1219万円

  • 20代:376万円-690万円=マイナス314万円
  • 30代:760万円-1330万円=マイナス570万円
  • 40代:1081万円-1231万円=マイナス150万円
  • 50代:1703万円-699万円=1004万円
  • 60代:2384万円-242万円=2142万円
  • 70代以上:2259万円-86万円=2173万円

純貯蓄額は20代~40代ではマイナス、50代からは一気にプラスに転じています。30代は出産や子育て、教育、マイホーム購入などでお金がかかる世帯が増える時期ですので、マイナスの額も大きくなっていますね。

お金がかかる時期は純貯蓄額がマイナスなのは仕方ないとして、収入が一気に減る定年退職の時期までには、徐々にプラスに近づけていきたいところです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

栄養士として病院や保育園に勤務した後、フリーのWEBライターとして独立。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)を独学で取得しており、主に金融ジャンルの記事を執筆しています。お金に関する知識や生活に役立つ情報を分かりやすく発信していきます。