「みんなの平均いくら?」年間収入と貯蓄額【世代別】

MicroOne/shutterstock.com

copy URL

結婚や出産、マイホーム購入、教育、老後などあらゆるライフイベントで必要になるのがお金です。同じような世代の人は、どれくらいの収入で、どれくらい貯蓄を準備しているのか気になりますよね。

でも、よその家庭のお金事情については、なかなか気軽には聞けないものです。

そこで今回は、総務省の「家計調査報告(貯蓄・負債編)2020年(令和2年)」より、世帯収入や貯蓄について解説します。ご自分と同世代の家庭の状況を見比べてみましょう。

続きを読む

世帯収入の平均はいくら?

ではさっそく、総務省の「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2020年(令和2年)平均結果-(二人以上世帯)」より、2人以上世帯の平均世帯収入を見ていきましょう。全世帯の平均額は634万円です。

世帯主の年齢別・平均世帯収入

拡大する

(出典)「家計調査報告(貯蓄・負債編)2020年(令和2年)」をもとに編集部作成

平均:634万円

  • 20代:564万円
  • 30代:675万円
  • 40代:786万円
  • 50代:869万円
  • 60代:592万円
  • 70代以上:441万円

20代から50代までは、世帯主の年齢に比例して世帯収入も増えています。反対に、60代からは一気に収入が減少しています。定年退職により収入がなくなった方や、再雇用制度などで給与が下がった方がいると考えられるでしょう。

次に、世代別の貯蓄額・負債額を見ていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

栄養士として病院や保育園に勤務した後、フリーのWEBライターとして独立。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)を独学で取得しており、主に金融ジャンルの記事を執筆しています。お金に関する知識や生活に役立つ情報を分かりやすく発信していきます。