「みんなの平均いくら?」年間収入と貯蓄額【世代別】

copy URL

貯蓄額と負債額の平均はいくら?

同調査より、2人以上世帯の世帯貯蓄額を見ていきましょう。全世帯の平均額は平均1791万円です。

世帯主の年齢別・平均貯蓄額

平均:1791万円

  • 20代:376万円
  • 30代:760万円
  • 40代:1081万円
  • 50代:1703万円
  • 60代:2384万円
  • 70代以上:2259万円

貯蓄額は年齢に比例して大きく増えています。特に40代、50代では貯蓄が1000万円の大台に乗っていますね。若い頃からコツコツ積み上げてきた資産形成の結果が出てきたといえるのではないでしょうか。

老後を迎える60代・70代の貯蓄額はさらに増え、老後の生活資金をしっかり準備していることがうかがえます。

さて、お金の事情を見る際は、貯蓄と負債をセットで考えなければなりません。同調査より負債額も見ていきます。全体の負債平均額は572万円です。

世帯主の年齢別・平均負債額

平均:572万円(518万円)

  • 20代:690万円(627万円)
  • 30代:1330万円(1253万円)
  • 40代:1231万円(1152万円)
  • 50代:699万円(620万円)
  • 60代:242万円(192万円)
  • 70代以上:86万円(66万円)

※カッコ内は住宅・土地のための負債

30代と40代の負債額が突出して大きくなっています。負債額のうちほとんどが住宅・土地のための負債(=住宅ローン)です。

年齢が上がるにつれ負債額が減っているため、30代で住宅ローンを組み、コツコツ返している世帯が多いことが推測できます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

栄養士として病院や保育園に勤務した後、フリーのWEBライターとして独立。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)を独学で取得しており、主に金融ジャンルの記事を執筆しています。お金に関する知識や生活に役立つ情報を分かりやすく発信していきます。