「老後貧乏はこう防ぐ」70代以上、貯蓄格差のピンとキリ。

Valenty/shutterstock.com

copy URL

みなさんは「老後」ときいて、何歳以上を思い浮かべるでしょうか。

ひと昔前は、一般的に老後といえば、多くの人が定年退職を迎える60代以上を指していました。しかし、定年後の再雇用制度などの普及が進むこんにち、60代は「まだまだ現役」、70代以降を「老後」ととらえる人も増えてきている感がありますね。

そこで本日は、大手金融機関で10年以上の勤務経験がある私から、70代以上の「貯蓄格差」に着目しつつ、老後のお金対策についてお話ししていきたいと思います。

続きを読む

70代の「貯蓄格差」はどのぐらいか

それでは早速、70代の貯蓄状況について見ていきましょう。

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和2年)」から、70歳以上・二人以上世帯の貯蓄額に関するデータを抜粋します。

70歳以上・二人以上世帯「金融資産保有額」

(金融資産を保有していない世帯を含む)

平均:1786万円
中央値:1000万円

  • 金融資産非保有:18.6%
  • 100万円未満:4.3%
  • 100~200万円未満:4.1%
  • 200~300万円未満:2.6%
  • 300~400万円未満:3.0%
  • 400~500万円未満:2.6%
  • 500~700万円未満:6.5%
  • 700~1000万円未満:6.3%
  • 1000~1500万円未満:11.9%
  • 1500~2000万円未満:8.0%
  • 2000~3000万円未満:10.4%
  • 3000万円以上:19.0%
  • 無回答:2.6%

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
佐藤 雄基

法政大学経営学部卒業後、大和証券株式会社に入社。国内外株式、債券、投資信託、保険商品の販売を通じ、個人、法人顧客向けの資産運用コンサルティング業務に約11年間従事する。大和証券退職後は、不動産ベンチャーのGA technologiesに入社。一貫して金融業界に携わり、豊富な金融知識を活かし、卓越した営業成績を残す。現在は、個人向け資産運用のサポート業務を行う。顧客のニーズを的確に判断し、専門的でありながらも、わかりやすいアドバイスが強み。AFP(Affiliated Financial Planner)、一種外務員資格(証券外務員一種)を保有。