「低年金・無年金予備軍」が、老後のためにとるべき対策

Princess_Anmitsu/shutterstock.com

現役世代のみなさんは、ご自身が将来、老後にもらえる年金の額を知っていますか?

「ねんきんネット」や「ねんきん定期便」などで確認されていらっしゃる方も多いと思います。

年金は老後の生活を支えるたいせつな柱です。将来きちんと受け取れるかどうか、受け取れる場合はどのくらいの月額になるかは、ざっくりとでも把握しておきたいものですね。

私はこれまで資産形成のアドバイザーとして、多くのお客様のファイナンシャル・プランニングを担当させて頂きました。

続きを読む

私自身もお金の勉強を通じて、年金はセカンドライフを支えるたいせつな柱の一つであると改めて実感しています。

年金にまつわるお話は色々とありますが、今回は「低年金・無年金」についてのお話をしていきましょう。年金受給額が少ない、もしくは年金がもらえない、といった事態が起こる理由や対策法について触れていきます。

「厚生年金・国民年金」みんなの受給額

さいしょに、厚生労働省の「令和元年(2019)度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」から、現在のシニア世代の年金受給額を確認していきましょう。

同資料によると、厚生年金の平均年金月額は、全体で14万4268円(うち男性が16万4770円、女性が10万3159円)。また、国民年金の平均年金月額は全体で5万5946円(うち男性が5万8666円、女性が5万3699円)でした。

こちらはあくまでも平均額。では、実際みなさんが受け取られている金額には、どの程度の幅があるのでしょうか。

そこで、厚生年金保険(第1号)と、国民年金の老齢年金の年金月額階級別受給権者数(2019年度末)の受給権者数の分布を見ていきます。

厚生年金保険(第1号)「年金月額階級別受給権者数」

5万円未満…46万6077人
5万円以上10万円未満…331万8045人
10万円以上15万円未満…479万6376人 (←平均:14万4268円)
15万円以上20万円未満…478万2847人
20万円以上25万円未満…231万2667人
25万円以上30万円未満…29万2942人
30万円以上…1万8005人

国民年金「年金月額階級別受給権者数」

1万円未満…7万8940人
1万円以上2万円未満…30万5498人
2万円以上3万円未満…96万2046人
3万円以上4万円未満…297万367人
4万円以上5万円未満…470万5988人
5万円以上6万円未満…766万5866人 (←平均:5万5946円)
6万円以上7万円未満…1448万1778人
7万円以上…182万1629人

厚生年金、国民年金ともに、平均年金月額とくらべてかなり低い受給額ゾーンの人が一定数いるようです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 鶴田 綾
  • ファイナンシャルアドバイザー

福岡女学院大学卒。卒業後まもなく渡米、1年の留学生活の後、日本郵便株式会社にてリテール営業に従事。特に生命保険の販売では商品分析を得意とし、豊富な商品知識を持つ。お金の悩みに徹底的に寄り添う姿勢で顧客からの信頼も厚い。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。