松屋フーズHD、大赤字▲24億円も休業補償で収支均衡。でも入金は…

yu_photo / Shutterstock.com

牛丼チェーン店「松屋」やカツ丼チェーン店「松乃家」を運営する松屋フーズホールディングス(以下、松屋FHD)は、2021年3月期に▲24億円の最終赤字を計上。

営業利益の赤字に加え、店舗の減損(▲30億円)で最終赤字が膨らみました。ただし、減損を行わなければ休業補償により経常利益は収支均衡の状態です。

2020年3月期には1,000億円を達成した売上高も、コロナ禍での苦戦で3期前のレベルにまで落ち込んでいます。以下、5月10日に発表された通期決算の中身を見ていきましょう。

続きを読む

店舗の減損により▲24億円の最終赤字を計上した松屋FHD

新型コロナの影響で多くの外食チェーン店が苦戦する中、松屋FHD(9887)も2021年3月期は▲24億円の最終赤字。

300円台で牛丼が食べられ、デフレ経済の勝ち組と言われた牛丼チェーン大手の一角を占める松屋FHDですが、1年が経過しても収束が進まない新型コロナウイルスの影響から大きな赤字を計上することになりました。

  • 2021年3月期 売上高944億円、営業利益▲17億円、経常利益0億円、当期純利益▲24億円
  • 2020年3月期 売上高1065億円、営業利益51億円、経常利益54億円、当期純利益26億円
  • 2019年3月期 売上高982億円、営業利益39億円、経常利益42億円、当期純利益22億円
  • 2018年3月期 売上高930億円、営業利益41億円、経常利益44億円、当期純利益24億円

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 石井 僚一
  • コラムニスト/元ベンチャーキャピタリスト

岡山大学法学部卒。大手証券グループ投資会社を経て個人投資家・ライターに転身。株式市場や個別銘柄の財務分析、為替市場分析を得意としている。ライターとして複数媒体に寄稿中。