厚生年金の高額受給ゾーン「30万円以上」何割いるか

MirasWonderland%252FShutterstock.com

日本に住んでいる20歳以上60歳未満、すべての国民の加入が義務付けられているのが国民年金。

会社員や公務員などは厚生年金保険の制度を通じて国民年金に加入することになります。

国民年金と厚生年金が2階建てである所以ですね。

ただ、そのためでしょうか、年金制度は複雑で理解しにくいと感じている人も多くいます。

特に厚生年金は、毎月もらっている給料や賞与に連動して、ひとりひとりが納める保険料は異なりますし、将来受け取る額も違ってきます。

続きを読む

そこで今回は、厚生年金の受給額について、高額受給ゾーンである「30万円以上」はいったい何割いるのか見ていきたいと思います。

厚生年金受給額「30万円以上」は何割か

まずは、厚生年金の平均受給額を男女別に見ていきましょう。

厚生労働省年金局「令和元年度 厚生年金・国民年金事業の概況」より、男女別年金月額階級別老齢年金受給権数は下記のとおりです。

男子(総受給者数…1066万6981人)

平均年金月額:16万4770円 

〈内訳)

  • ~5万円未満:15万977人 
  • 5~10万円未満:97万6724人 
  • 10~15万円未満:261万3866人
  • 15~20万円未満:436万9884人 
  • 20~25万円未満:224万9128人 
  • 25~30万円未満:28万8776人 
  • 30万円~:1万7626人 

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 鶴田 綾
  • ファイナンシャルアドバイザー

福岡女学院大学卒。卒業後まもなく渡米、1年の留学生活の後、日本郵便株式会社にてリテール営業に従事。特に生命保険の販売では商品分析を得意とし、豊富な商品知識を持つ。お金の悩みに徹底的に寄り添う姿勢で顧客からの信頼も厚い。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。