「日本の失業率は低い」は本当か? そのカラクリと労働者の現実

Fiers / Shutterstock.com

人には、“世の中の定説"であっても「なんだかアヤシイなあ、オレは承服できん」というものが、一つくらいはあるのではないのでしょうか。

自分の場合は「日本の失業率は低い」が、それに当たります。特段、根拠があるわけではないのですが、ずっと長い間、そう感じていました。ところが最近、実に興味深いデータが発表されました。「失業者もコロナ感染者も少ない日本」という定説の前半部分の実像に迫ってみたいと思います。

パート・アルバイト雇用の変化

続きを読む

今年(2021年)の3月に発表された『パート・アルバイトの中で「実質的失業者」は、女性で103万人、男性で43万人と推計』(野村総合研究所、3月1日付)は実に興味深いデータです。詳しく見ていきましょう。

この調査は今年2月8日~12日にインターネットアンケートとして実施されたもので、対象は全国の20~59歳のパート・アルバイト就業者64,943人。

調査結果としては、

  • パート・アルバイト女性のうち約3割(29.0%)が、「コロナ以前と比べてシフトが減少している」と回答
  • そのうち「シフトが5割以上減少している」人の割合は45.2%(パート・アルバイト女性の13.1%)

でした。

昨年12月に行われた同様の調査と比較して、「コロナ以前と比べてシフトが減少している」人の割合および、そのうち「シフトが5割以上減少している」人の割合は、いずれも高くなっています。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

東京都出身。元会社員。成蹊大学経済学部卒業後、バブル期に広告企画制作プロダクションのフロムガレージ(現DGグループの前身)に入社。その後、転職を繰り返しながら主にBtoB企業のプロモーション企画制作に従事。また編集プロダクションで書籍・ムックの編集・ライティングに携わる。近年では、LCA関連の環境ラベル「CFP(カーボーンフットプリント)」の制度試行事業(経産省)下での広報業務にも従事。最近は、フリーの編集者・ライターとして主にIT分野を中心に活動中。主な書籍関連実績:『高学歴貧困女子が読み解くピケティ』(責任編集/笠倉出版社)、『ロックの教科書』(共著/笠倉出版社)