クレジットカードの不正利用内訳「不正利用されるのは海外と国内どちらが多いか」

Rawpixel.com/shutterstock.com

新型コロナウイルスの影響で、現金に直接触れずに決済ができるキャッシュレスに注目が集まっています。コロナ禍を機に、キャッシュレス化した人も多いのではないでしょうか。

クレジットカードもキャッシュレスの一つで、一番古いキャッシュレスです。クレジットカードの普及率は高いですが、一方でクレジットカードの不正利用が多いことが問題になっています。

今回は日本クレジット協会の「クレジット関連統計」の「クレジットカード不正利用被害額の発生状況」をもとに、不正利用の内訳と、不正利用されるのは国内と海外どちらが多いかを解説していきます。

続きを読む

偽造被害は海外、番号盗用は国内が多い

2021年3月に開示されている日本クレジット協会の「クレジット関連統計 クレジットカード不正利用被害額の発生状況」によると、2020年(1月〜12月)でクレジットカード偽造被害は国内が2.3億円、海外が5.7億円という結果になり、番号盗用被害は国内が163.9億円、海外が59.7億円という結果であることがわかりました。

つまり、偽造被害は海外からの被害が多く、番号盗用は国内が多いことがわかります。

年度別によっても数値が異なってくるので、年ごとに見ていきましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

専門学校を卒業後、印刷会社にてBtoB、キャリア代理店にてBtoCの営業を経験。その後、IT企業の営業職に従事。2年間の東日本と西日本を駆け回る生活を経て、「日本における働きがいのある会社」ランキングにもランクインしたベンチャーグループに入社。インサイドセールスを経験しながら、デジタル広告の運用を兼任した後、Webメディア立ち上げや運営に6年間従事。Webマーケティングが専門。現在は、LIMO編集部において、記事の執筆やコンテンツ作成を中心に行っている。映像音響処理技術者認定試験合格、舞台機構調整技能士3級、クレジットカードマニア、加熱式たばこ愛煙家