「わずか5年で亡くなった愛犬」ペットにまつわるお金のこと

著者の愛犬「バウアー」の元気だった頃の様子

私は柴犬とともに悠々自適に一人暮らしをしながら、金融の営業に携わる30代後半の独身女性です。

幼少期から常に動物と暮らしてきた私は、犬や猫、うさぎ、はたまた鳥など、動物がいて当たり前の生活を送ってきました。

その中でも今回は人生で初めて自分ひとりで育てた「柴犬のバウアー」との輝かしい5年間についてお話ししたいと思います。

OneMile セミナー

バウアーとの出会い

私は仕事の都合で実家の埼玉を離れ、大阪で暮らしていました。

動物がいる生活が習慣となっている私は、大阪での長い独り暮らしの中で「動物がいないという状況が寂しすぎるな」と感じていました。

続きを読む

2014年お正月のことです。

動物と再び暮らしたいと思い立ち、いろいろなところに向かいました。

自分で動物を飼うなら柴犬にしようと思っていた私は、最初はペットショップを数軒回ったのですが、柴犬との運命の出会いはなく、結局帰宅しました。

その後、インターネットで検索し大阪の山奥にある柴犬専門のブリーダーを見つけ、車で出かけてみました。

そこでブリーダーさんは生後2ヶ月の柴犬を紹介してくれました。

とても小さくて可愛かったのですが、その隣に少し大きくなった柴犬の男の子がいました。

私はその柴犬の男の子がすごく気になり、その子に「一緒に帰る?」と聞きました。するとその子は首をコクンとかしげ、私のことをじっと見つめてきたのです。

運命の出会いだと確信しました。

その子は2013年10月5日生まれの、いわゆる売れ残りでした

ブリーダーさんは「この子はもう3ヶ月になっているから、うちで繁殖用にしようと思っていたんだよね」と言いました。

私はどうしてもこの子を連れて帰りたいと思い、ブリーダーさんにお願いしました。

ブリーダーさんにとっても可愛い子ですから、私に託すのをためらっていました。

しかし、私のすさまじい熱意が通じ「かわいがってくれるのなら」と、最終的には我が家に迎えることになったのです。

ついにやってきた家族です。早速名前を考えました。

その当時、世間からだいぶ遅れてアメリカのドラマ「24」にハマっていたこともあり、主人公のジャックバウアーから「バウアー」と名付けました。

後から気づいたのですが、バウアーは苗字です。日本語で言うと佐藤や鈴木と名付けたようなものです。

しかし個性的な名前でとても気に入りました。

こうしてバウアーと私の2人暮らしは始まりました。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
嘉村 有衣子

高校卒業後、通信機器の法人向けセールス等を経て、全労済や大手保険代理店などの金融サービス業等にて勤務。全労済時代には3年連続全国1位、保険代理店時代にはANP(Annualized New business Premium、新契約年換算保険料)で全国1位を達成。金融商品販売において卓越したセールススキルを持つ。保険代理店を退職後、現在はファイナンシャルアドバイザーとして、生命保険のみならず、投資信託など、幅広い金融商品のコンサルティングを行っている。一種外務員(証券外務員一種)、保険募集人資格などを保有。