「プレ年金世代」50代の貯蓄額。ここから始まる老後の準備

年金を「84%まで増やせる」方法があった

繰り下げ受給

さきほど、年金支給開始年齢は「原則65歳」とお伝えしましたが、実はこちらは「最長70歳まで」遅らせることも可能です(2021年2月現在)。さらに2022年4月以降は75歳まで遅らせることができるようになります。

このように、年金を受取る時期を遅らせることを「繰り下げ受給」といいます。そして、遅らせれば遅らせるほど、受け取れる年金額はアップします。さらにいうと、その増額率は一生涯続きます。

1941年(昭和16年)4月2日以降に生まれた人は、繰り下げ受給によって月単位で年金額をアップさせるができるのです。増額率は、下記の計算式で求めることができます。

増額率=(65歳に達した月から繰り下げ申出月の前月までの月数)×0.007

では、その割合を具体的にみていきましょう。
繰下げ請求時の年齢と増額率(1941年4月2日以後に生まれた方)

  • 66歳0カ月~66歳11カ月・・・8.4~16.1%
  • 67歳0カ月~67歳11カ月・・・16.8%~24.5%
  • 68歳0カ月~68歳11カ月・・25.2%~32.9%
  • 69歳0カ月~69歳11カ月・・・33.6%~41.3
  • 70歳0カ月・・・42.0%

2020年4月時点での老齢基礎年金の受給額は年間78万1,700円※(満額)です。仮に70歳まで受給開始を遅らせた場合には、受け取る年金額は年間32万8,314円(78万1,700円×42.0%)増える計算になります。

※20歳から60歳になるまで、40年間全期間保険料を納めた人のケース

【参考】
日本年金機構「老齢基礎年金の繰下げ受給
厚生労働省「年金制度改正法(令和2年法律第40号)が成立しました

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。