国家公務員「退職金2000万円超え」の勤続年数

Madcat_Madlove/shutterstock.com

金融庁レポート端を発した「老後2000万円問題」。

リタイヤ前の貯蓄目標額を「2000万円」と設定されたご家庭も多いかと思います。

お勤めのみなさんの中には「定年退職金を含めると、リタイヤ時点で2000万円確保できそうかも?」なんてと計算されている方もいらっしゃるでしょう。

長期化するコロナ禍。仕事を選ぶ際の基準として「安定性」を求める人が増えてくることが考えられます。民間企業の会社員と比較して、公務員の雇用や給与に安定性を感じる人も多いかもしれませんね。

続きを読む

そのなかでも「超」が付く安定のイメージを持たれることが多い「国家公務員」のみなさんは、どれほどの定年退職金を手にしているのでしょうか。また、退職金で「2000万円」を受け取れる勤続年数は何年ほどなのでしょうか。

今回は、人事院の資料などをもとに、国家公務員の退職金事情について深掘りしていきます。

国家公務員の退職金事情

国家公務員の退職金は、

「基本額(退職日の俸給月額×支給割合)+調整額」

という計算式に基づいて算出されます。ただし、「支給割合」は退職理由や勤続期間によって異なります。

また、内閣人事局によると、

「国家公務員の退職手当の支給水準については、退職給付(退職手当及び年金払い退職給付(使用者拠出分))の官民均衡を図るため、おおむね5年ごとに行う民間企業の企業年金及び退職金の実態調査を踏まえて見直しを実施」している

とのこと。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。