国家公務員「退職金2000万円超え」の勤続年数

さいごに

景気の動向に左右されやすい民間企業で働くみなさんからみると、今回のデータは「ちょっとうらやましいかも?」と思える部分があるかもしれません。

とはいえ、国家公務員の退職手当の支給水準は、民間企業の状況に合わせて金額が設定されていることも知っておきたいところ。

厚生労働省の「平成30年就労条件総合調査 結果の概況」(2018年)では、平成29年(2017年)の1年間において勤続20年以上かつ45歳以上の退職者の1人当たり平均退職給付額は、大学・大学院卒(管理・事務・技術職)の定年で1,980万円、自己都合だと1,520万円とされています。

大学・大学院卒(管理・事務・技術職)の定年退職の場合でも、勤続35年以上で2,170万円と2,000万円以上になります

こうして比較してみると、国家公務員の退職金は比較的高水準ではあるものの、「ダントツに多い」というわけではないことがわかります。

これを読んでくださっているみなさんは、公務員・民間企業におつとめ・自営業・フリーランスなど、さまざまな働き方で頑張っていらっしゃることでしょう。

現役時代の働き方は人それぞれ。年収や退職金の有無、そして家族構成やライフスタイルなどもさまざまです。とはいえ、老後は必ずやってきます。

人生100年時代。リタイヤ後の長い生活を見据えた資金形成は、できるだけ若いころから始められることをおすすめします。

「資産形成…金融の知識って難しくて敷居が高そう」「投資信託ってたくさんありすぎてどれを選べばいいかわからない」

そんなお悩みをお持ちの場合は、ぜひ一度、資産運用のプロのアドバイスを受けてみることをおすすめします。

あなたのライフスタイルにフィットした、オーダーメイドのマネープランが見つかるきっかけになるかもしれません。

OneMile セミナー

参考資料

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

 早稲田大学第一文学部卒。学参系編集プロダクションなどで校正・校閲・執筆を学ぶ。人文・社会系一般書籍、中学・高校社会科教材、就職試験問題の制作関連業務において15年以上の経験を持つ。現在はLIMO編集部において、金融系メディアの編集者兼執筆者として、コンテンツ制作や編集に携わる。紙媒体での経験を生かし「お金とくらし」にまつわる情報を丁寧に発信している。