古希を迎えた70代「貯金ゼロ世帯」の割合はいくらか

まとめにかえて

70代になれば、ようやく年金生活にも慣れて、生活のリズムが定着してきた頃からと思います。

元気なうちにやりたいことをやり、食べたいものを食べて、思う存分、生きたいと思うのは当然のことかと思います。

お金で全てが解決することではないかもしれませんが、お金は日々の生活に役立つものであることは間違いありません。

若い方は、ぜひとも資産運用の検討を始めることをおすすめします。

老後を迎える方も同様です。人生100年時代ですから、60代、70代と言っても、まだまだ運用する期間は残されていると言えます。

とはいえ、その残された時間は日々減っていきます。これはどの年代の人にとっても同じことです。

アドバイザーに相談するのはハードルが高いと思う人は、短時間のオンラインセミナーなどもあります。まずはこのようなセミナーを活用してみるのも良いかもしれませんね。

OneMile セミナー

参考資料

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
森重 由里子

学習院女子大学卒。卒業後は地方局のアナウンサーとして活躍。結婚、子育てを経て、未経験ながらも金融業界に転職。前職のオリックス生命保険では優秀な成績を収め、数々の賞を受賞。マネージャーに昇格後は部下の育成にも携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。