定年後70代貯蓄、真ん中の金額の中央値はいくらか

Visual Generation/iStock

厚生労働省の簡易生命表によると、2019年の日本人の平均寿命は男性が81.41歳、女性が87.45歳となり、いずれも過去最高を更新しました。

人生100年時代が現実になりつつある中、老後に対する不安を抱く方も多いと思います。

では、実際に老後といわれる70代は、どのぐらいの貯蓄があるのでしょうか。

この記事では、定年後70代がどの程度の貯蓄を保有しているのか確認してみましょう。

70歳以上の貯蓄額はいくらか

続きを読む

それでは、金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和元年)」から、70歳以上の金融資産保有額をみていきましょう(金融資産保有世帯)

  • 100万円未満:4.9%
  • 100~200万円:4.0%
  • 200~300万円:5.1%
  • 300~400万円:5.4%
  • 400~500万円:2.8%
  • 500~700万円:8.9%
  • 700~1000万円:9.3%
  • 1000~1500万円:11.9%
  • 1500~2000万円:8.8%
  • 2000~3000万円:12.3%
  • 3000万円以上:16.1%

 

  • 平均:1978万円
  • 中央値:1100万円

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
山下 耕太郎

一橋大学経済学部卒業後、証券会社で営業・マーケットアナリスト・先物ディーラーを経て個人投資家・金融ライターに転身。投資歴20年以上。現在は金融ライターをしながら、現物株・先物・FX・CFDなど幅広い商品で運用を行う。保有資格は証券外務員一種。ツイッターは@yanta2011