定年後70代貯蓄、真ん中の金額の中央値はいくらか

老後も資産運用を続ける

老後資金として必ず2000万円を貯蓄しなければいけないわけではありませんが、ある程度まとまった資金は必要です。70歳以上の金融資産保有額の中央値1100万円では、老後資金が不足する可能性は高くなります。

人生100年時代を迎えつつある中、老後資金も増えていきます。老後、毎月の生活費が5万円不足するとすれば、人生が10年伸びると600万円上乗せしなければいけません。定年を迎えるまでに十分な老後資金を用意できるなら問題ありませんが、それが現実的に厳しい場合、どのようにすればいいのでしょうか。

低金利が続いていますので、預貯金ではほとんどお金が増えません。ですから、株式や債券などでの投資をおすすめします。 ただし、現役時代よりもリスクを抑えるようにしなければいけません。老後資金を大きく減らすと、取り戻すのが困難になるからです。

リスク資産である株式の比率は、多くても30%には抑えたいところです。残りは国債などの安全資産で運用します。また、70代でも老後は10年以上あると考え、長期での運用を心掛けるようにしましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
山下 耕太郎

一橋大学経済学部卒業後、証券会社で営業・マーケットアナリスト・先物ディーラーを経て個人投資家・金融ライターに転身。投資歴20年以上。現在は金融ライターをしながら、現物株・先物・FX・CFDなど幅広い商品で運用を行う。保有資格は証券外務員一種。ツイッターは@yanta2011