古希を迎えた70代「貯金ゼロ世帯」の割合はいくらか

古希を迎える70代、貯金ゼロの割合はいくらか

前ページと同資料により、70代以上が保有する貯金額の分布も見ていきます。いくらの資産をどれだけの人が保有しているのでしょうか。

下記の表をご覧ください。

  • 金融資産を保有していない:31.1%
  • 100万円未満:3.4%
  • 100~200万円未満:2.8%
  • 200~300万円未満:3.5%
  • 300~400万円未満:3.7%
  • 400~500万円未満:1.9%
  • 500~700万円未満:6.2%
  • 700~1000万円未満:6.4%
  • 1000~1500万円未満:8.2%
  • 1500~2000万円未満:6.0%
  • 2000~3000万円未満:8.4%
  • 3000万円以上:11.1%
  • 無回答:7.2%

中央値が460万円となっていますので、500万円以下の割合を合計してみます。実に46.4%の人が500万円未満のゾーンに入ります。

さらに、6割までが1000万円までに入り、残りの4割は1000万円以上となります。ただ無回答の人が7%いますので、この割合が前後する可能性はあります。その分は割り引いて考えてください。

驚くべきは「貯金ゼロ」世帯の割合が31.1%となっていることです。70歳代以上の世帯の約3分の1が貯蓄を保有していないと回答しています。

これは、貯金ゼロのまま老後生活を送っている世帯が、3割以上も存在していることを示しています。

70歳代以上の世帯では、かなりの貯金格差が生じていると言えそうです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
森重 由里子

学習院女子大学卒。卒業後は地方局のアナウンサーとして活躍。結婚、子育てを経て、未経験ながらも金融業界に転職。前職のオリックス生命保険では優秀な成績を収め、数々の賞を受賞。マネージャーに昇格後は部下の育成にも携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。