「別居したい、でもお金が不安…」離婚前の生活費はどうすればいいのか

離婚に向けて話し合いを始めると、別居することになる夫婦も多いでしょう。離婚話をしているときには精神的にも大きな負担になりますが、いざ別居となると金銭面のことも考えなければなりません。

では、子どものいる女性が別居する場合、生活費を確保するために知っておくべきなのはどんなことでしょうか。シングルマザーのケースを参考に、離婚前と離婚後で利用できる制度の違いについても見ていきます。

シングルマザーの生活費の目安とは

続きを読む

シングルマザーの生活費は、一説では1カ月およそ15万円程度といわれています。内訳の目安としては、家賃約5万円、水道光熱費約2万円、携帯代5千円、食費や日用品費用約3万5千円、教育費(給食費や保育園、習い事など)約1万5千円、その他に交際費やレジャー費、被服費、ガソリン代、保険費用、医療費などがかかります。

教育費や食費などは子どもの数や年齢によって違い、家賃や車にかかる費用については住む地域により異なりますが、地方都市在住の筆者の実感はこれに近いものです。

一番大きいのは住む場所の問題

離婚前の別居を考える際に最も悩ましいのが、どこに住むかということ。実家に戻れる人は実家に戻る選択肢もありますが、そうしない場合はアパートなどを借りる必要があります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

2級ファイナンシャル・プランニング技能士。大学卒業後、金融機関の営業職として勤務した経験を生かし、女性のキャリアとお金について勉強を重ねつつ執筆活動をしている。2児を育てるシングルマザー。シングルマザーでも無理をせず、育児も仕事も楽しむ生活を実践中。