私おひとり様予備軍。厚生年金・国民年金いくらもらえるのか

LivDeco/shutterstock.com

「生涯独身」という人生を選ぶ「おひとりさま」が多く見受けられるようになりました。

2015年の国勢調査においても、日本人の生涯未婚率(50歳時点での未婚率)は男性が約23%、女性は約14%という結果が示されています。女性の社会進出により、自分1人で生活できる十分な収入を得ている人もいることでしょう。

でも、「今は問題なくても、老後の生活は大丈夫かな?」などと、ふと気になったことはありませんか?

将来受け取る年金額を知らず、漠然とした不安を抱えている人も珍しくないはず。そこで、厚生労働省による「厚生年金保険・国民年金事業年報」令和元年度(速報版)をもとに、ご自身が受け取る年金額をチェックしておきましょう。

続きを読む

厚生年金に加入していた場合、もらえる年金はどのぐらい?

まずは、民間企業の会社員だった人が該当する「厚生年金」についてみていきましょう。

厚生労働省の「厚生年金保険・国民年金事業年報」では、厚生年金保険(第1号)の老齢年金の年金月額階級別受給権者数令和元年度(速報版)として、受給権者数と年金月額を以下のように示しています。

厚生年金保険(第1号)の受給権者数…1599万人

  • うち男子1066万7000人、女子532万人

平均年金月額…14万4268円

  • うち男子16万4770円、女子10万3159円

女子の平均は、男女の平均より4万円ほど下回る約10万円という結果に。また、実際の受給額は人によっても大きな差があります。次では、厚生年金保険(第1号)受給権者の、男女の平均の老齢年金の年金月額の分布をみていきます。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆、書籍校閲・校正経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。