AI婚活を信用していい? いまさら聞けないAIの実力と弱点

AIがどんどん身近になっていますね。お掃除ロボットくらいだったら許せますが、最近はAI婚活なども注目を集めているとか。「え!? そこまで信用していいの」と思うのですが、気になって検索すると結構、評判も良い。あげくに、内閣府がAI婚活を支援するというニュースも。どうも少子化対策の切札らしいのですが。

ちょっと、今のAIの実力をチェックしておいた方がよさそうです。今回はAIの歴史や「AIに仕事を奪われる」問題などの定番メニューを考えていきます。

続きを読む

いまは第3次AIブーム

AIは「人工知能」という派手な名前からも、注目されてしまう宿命を持っています。そのせいかAI半世紀の歴史は“期待と失望"の繰り返しでした。現在は第3次AIブームですが、まずAIの歴史をザックリ振り返ってみましょう。

AIが歴史に登場したのは、1956年のダートマス会議です。AI第1次ブームが1950年代後半から1960年代に起こります。当時は、コンピュータで推論や探索をすることで特定の解を出すことができるようになりました。とはいえ、AIがヒトの抱える問題を直接、解決するわけでもないので、ブームは下火に。

第2次AIブームは1980年代にやってきます。ちょうどパーソナルコンピュータが第一線に躍り出た時代です。このとき注目されたのが「エキスパートシステム」。これはAIに大量な情報と回答をだすルールを入力し、専門家のように答えをだすものです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

東京都出身。元会社員。成蹊大学経済学部卒業後、バブル期に広告企画制作プロダクションのフロムガレージ(現DGグループの前身)に入社。その後、転職を繰り返しながら主にBtoB企業のプロモーション企画制作に従事。また編集プロダクションで書籍・ムックの編集・ライティングに携わる。近年では、LCA関連の環境ラベル「CFP(カーボーンフットプリント)」の制度試行事業(経産省)下での広報業務にも従事。最近は、フリーの編集者・ライターとして主にIT分野を中心に活動中。主な書籍関連実績:『高学歴貧困女子が読み解くピケティ』(責任編集/笠倉出版社)、『ロックの教科書』(共著/笠倉出版社)