定年前50代、老後対策の必要額はいくらか

おわりにかえて

今回は定年前50代、老後対策の必要額についてみてみました。

老後資産を貯めることに自信がない人は、これを機にできるだけ早く資産運用の検討を始めてください。

リスクを軽減させる有効な方法のひとつに「時間をかけて運用すること」があります。

50代から資産運用を始める時は、今の、この時間も上手に活用する必要があります。始める前に資産運用についてよく調べておくことも大切です。

最近では無料のオンラインマネーセミナーも増えてきました。自宅で気軽に受けられるので人気が出ています。

まずは無料サービスを利用しながら、資産運用のプロのアドバイザーに相談するとスムーズに資産運用がスタートできます。

50代でも遅くありません。老後に向けた資産運用をスタートしてみてはいかがでしょうか。

OneMile セミナー

参考資料

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
谷口 裕梨

同志社大学卒。大学卒業後、京都中央信用金庫で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は福知山市役所で主に中小企業支援などに携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)、一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。