定年前50代、老後対策の必要額はいくらか

定年前50代、老後対策の必要額は2000万

50代の平均貯蓄額を見てみましたが、老後対策として安心な必要額はいくらでしょうか。

一昨年の6月、金融審議会の市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」が発表されました。

いわゆる「老後2000万円問題」の発端となったレポートです。

このレポートには、「老後は年金収入以外に2000万円の老後生活資金が必要である」という衝撃の内容が盛り込まれており、ニュースや国会でも連日伝えられました。

老後には2000万円が必要であることを国が認めたわけですから、2000万円を老後対策として準備しておけば安心ですね。

しかし現実は厳しそうです。前項で50代の平均貯蓄額と中央値を確認しましたが、50代の平均値、中央値は、いずれも2000万円に達していません。

このレポートが発表されたのは2019年ですから、50代の人からすれば、「もっと早く言ってくれないと今更準備できないよ」と思いますよね。

確かにそうです。お金を一気に増やすことは、なかなかできません。

では、50代の人は資産形成を諦めるしかないのでしょうか。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
谷口 裕梨

同志社大学卒。大学卒業後、京都中央信用金庫で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は福知山市役所で主に中小企業支援などに携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)、一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。