公務員の退職金、民間との格差はいくらか

まとめにかえて

今回は、公務員と民間企業の退職金について調べてみました。

公務員も民間企業の会社員も、安心して老後を迎えるために、年金や退職金について、よく調べておく必要があります。冒頭でもお伝えしましたが、退職金制度自体が無い会社もあります。

公務員に限っては、退職金制度が無くなることは考えにくいのですが、現役で働けるうちに、お金をしっかり増やして老後を迎えるのは、誰にとっても共通の課題となります。

若い世代には先の話しに感じるかもしれませんが、今回をきっかけに資産運用を検討してみるのもよいかもしれません。

OneMile セミナー

参考資料

遠藤 勝弘

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
遠藤 勝弘

専門学校卒業後、不動産仲介営業に携わる。6年間の不動産営業の後、ジブラルタ生命保険に転職。ジブラルタでは、個人向けマネーコンサルティングに従事し、営業所長としても人材育成にも尽力。一貫して卓越した成績を残す。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、保険から投資信託まで幅広い金融商品をもとに、個人向け資産運用のサポート業務を行う。3級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP3級)、一種外務員資格(証券外務員一種)を保有。