定年前50代、投資信託ではじめる老後対策

おわりにかえて

今回は50代から投資信託で老後資産を形成するポイントを見てきました。

アクティブ運用の手法は、50代から資産形成をする人に、ぜひ積極的に取り入れていただきたいのですが、50代だけでなく、20代や30代の人も、アクティブ運用は資産運用の一部に取り入れることを検討してみてください。

特に若い世代は、生命保険とアクティブ投信が一緒になった「変額保険」で運用すると、死亡保障をしっかり確保しながらアクティブ運用ができるので効率的な運用が実現できます。

このように、人によってどの金融商品で運用すべきかが異なりますし、国内にも「良いアクティブ」と「良くないアクティブ」があります。

アクティブ運用を検討する場合は、ぜひ運用のプロに一緒に銘柄を選んでもらい、より効率的に資産運用を始めてみてはいかがでしょうか。

OneMile セミナー

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

同志社大学卒。大学卒業後、京都中央信用金庫で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は福知山市役所で主に中小企業支援などに携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)、一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。