定年前50代、投資信託ではじめる老後対策

50代から投資信託で運用する上で気をつけるべきことは

ここまでアクティブ運用での資産運用について見てきましたが、ここで注意すべきことは50代でも手元資金を一気に投資に回さないことです。

特に投資信託の購入経験が無いという人は、一気に投資信託を購入せずに、タイミングを分散するためにも毎月一定の金額積み立てることから始めてみてください。

一気に買ったほうが運用効率がいいと思いがちですが、先述のとおり、投資信託には元本保証がありません。

そのため、まずは少額からスタートし積立金額に余裕があれば、徐々に増やしながら資産形成をしてください。

そして、定年後も一度に解約せず、老後の生活資金として必要資金を都度切り崩しながら、残りの資産は運用を続けていきます。運用の歯車を回し続けることで、老後の資産は長生きするでしょう。

このように運用期間を少しでも長く確保しながら、投資信託と一緒に年を重ねるようにし、できるだけ長い時間を掛けて運用することをおすすめします。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

同志社大学卒。大学卒業後、京都中央信用金庫で投資信託や生命保険などを活用した資産運用アドバイス、相続相談、融資、為替業務などに従事。その後は福知山市役所で主に中小企業支援などに携わる。現在はこれまでの金融商品の知識を生かし、個人向け資産運用のサポート業務を行う。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)、一種外務員資格(証券外務員一種)などを保有。